神奈川・横浜で34年 県下初のIT専門学校
神奈川県認可の専修学校 職業実践専門課程設置

ITで、不可能を超えろ。 先端ITシステム科 「専門士」の称号付与 職業実践専門課程 3年制 男・女

ITに、不可能はあるか。その問いに、先端ITシステム科は「NO」と答えます。不可能なことは、可能にすればいい。この世にないものは、自分で生み出せばいい。そんな無限の可能性を、ITは秘めています。さあ、今最もチャレンジングな先端ITの世界で、あなたの未来を広げてみませんか?

学びの分野

進化を続ける、先端ITの世界。

スマートウォッチ

IoTの技術を取り入れたウェアラブルデバイス。スマートフォンとの連動により、メール確認、ルート案内、健康管理などができる。

バーチャルリアリティ(VR)
体感システム

上下左右どこを見ても動きに合った3D映像が見られるため、自分が映像の世界に入り込んだような感覚になるヘッドマウントディスプレイ。

非接触型
精密操作デバイス

指先の微細な動きを検知し、ロボットのアームや工作機械などをあたかも自分の手のような感覚で直感的に動かすことができる。

接客ロボット

人の声や表情を読み取り、人工知能(AI)が接客。年齢・性別や、常連客の嗜好に合わせた商品をすすめてくれる。

AIやIoTは、生活のすぐそこに。

世の中に存在するさまざまな情報を、IoTのセンサーで集め、ビッグデータとして蓄積する。人工知能(AI)を使って、その中から「世の中を変えるような新しい価値」を見つけ出す。そんな技術が、日々進歩しています。SF映画のようなものが注目されがちですが、AIやIoTの技術は、あなたのまわりにも息づいています。

例えば、こんな身近なところにも!

  • ソーシャルゲームで

    ゲームからの離脱パターンや、課金に至るまでの行動パターンなどを分析して、コンテンツを作成。

  • 自動販売機で

    カメラで人を認識し、性別・年代、時間、売れ筋情報などを踏まえ、おすすめ商品を表示。

  • 交通事故予測で

    カーナビから、急ブレーキが多い場所を特定。交通事故を未然に防ぐための工夫ができる。

  • 防災対策で

    過去の被災データをもとにシミュレーションを実施。被害規模の縮小を図る耐震化や防火対策を立案。

AIやIoTの専門家は、ますます社会に必要とされる存在へ。

「コンピュータに奪われる職業」などのランキングが発表され、AI・IoTの活用が今後ますます広がることが予測されています。その分、AI・IoTなどのIT技術を使いこなし、考えながら、お客さまや社会の課題解決を目指せる人材が必要とされるように。これを担えるITエンジニアの需要は、大きく高まっています。

学科の特色

目指せる主な職種

  • データサイエンティスト
  • 人工知能(AI)エンジニア
  • システムアナリスト
  • システムインテグレーター
  • クラウドエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • サーバエンジニア
  • システムエンジニア(SE)・プログラマ
  • 組込みシステム開発技術者
  • サーバ管理者
  • システム管理者
  • カスタマエンジニア

ほか

目指せる主な資格※ (国)は国家資格または国家検定です

  • ネットワークスペシャリスト試験(国)
  • 応用情報技術者試験(国)
  • 基本情報技術者試験(国)
  • ITパスポート試験(国)
  • Cisco Certified Network Professional(CCNP)
  • Cisco Certified Network Associate(CCNA)
  • IoT検定
  • MCPC IoTシステム技術検定
  • Red Hat 認定エンジニア(RHCE)
  • Linux技術者認定試験(LPIC)
  • CompTIA Cloud+認定資格
  • Oracle Certified Java Programmer(OCJ-P)
  • UMLモデリング技能認定試験(UMTP)
  • MCPCモバイルシステム技術検定
  • MCPCスマートフォン・モバイル実務検定
  • Android技術者認定試験
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • C言語プログラミング能力認定試験
  • .com Master
  • 統計検定
  • Global Assessment of Information Technology(GAIT)

ほか

学びの流れ