神奈川・横浜で34年 県下初のIT専門学校
神奈川県認可の専修学校 職業実践専門課程設置

情報工学科 制御・ロボットコース

世の中で役立つ
ロボットや電気自動車に
携われる技術者に。

環境問題や高齢化社会の課題を、ロボットで解決。そんな時代が来ています。このコースでは、ロボットや電気自動車などを動かすために必要となる、ハードとソフト両面の知識・技術を身につけます。将来、「ものづくりを通して、社会やまわりの人々の役に立てる」というやりがいを実感できるはずです。

  • 情報工学科専用のスペースがあるISCラボで、好きなものを作りながら実践的に学びます。

  • 人工知能(AI)を駆使したロボットの制御方法について、実習形式で学びます。

  • Kinect(ジェスチャー型インターフェース)を使用し、人の動きに合わせて動くロボットも作れます。

時間割例

授業紹介(一例)

制御モデル
模型自動車やロボットなどを動かす基本的な仕組みである制御モデルについて、基礎から学びます。
制御シミュレーション実習
制御モデルの解析や機械のシミュレーションに用いるソフトウェアの基礎、操作方法を学びます。
倒立振子実習
倒立振子という教材を用いて、制御モデルの応用例について実習形式で学びます。ここで学んだことがロボットカー実習へつながります。
ロボットカー実習
自分たちで作成したソフトウェア(制御モデル)をロボットカーに載せて動かしてみます。実際の動きを確認しながら、制御モデルを最適化していきます。この授業で学んだことをもとに、卒研では自分たちでテーマを選ぶことができます。

Message

好きなものに囲まれてものづくりに集中できる

とにかく、ものづくりがしたい。その想いもISCラボでなら叶えられると感じ、このコースに。入学後は電子工作クラブに入り、学校の機材を利用しながら活動に励んでいます。ロボットはハードだけではうまく動かないので、ソフトもしっかり学べる情報科学にして正解でした。

K.Fさん 
神奈川県立保土ケ谷高等学校出身