横浜駅から徒歩1分 開校35年・県下初のIT専門学校
神奈川県認可の専修学校 職業実践専門課程設置

全国で6校のみ!国家資格・情報処理安全確保支援士試験の一部試験免除学科に 

サイバーセキュリティに関する能力を問う国家資格・情報処理安全確保支援士試験。2018年度より一部試験免除の制度がスタートし、本校の情報セキュリティ学科が、免除対象学科の認定証交付を受けました。これにより、2019年4月以降の情報セキュリティ学科入学者は、授業をきちんと履修すれば、ITスキル標準(ITSS)の高度区分に分類される「レベル4」の内容を段階的に習得することになり、午前Ⅱ試験の免除を受けることが可能になります。

一部試験免除のポイント

                        

1午前Ⅱ試験が免除される

高度な専門知識を問う午前Ⅱ試験が免除されます。なお、応用情報技術者試験を取得すると、午前Ⅰ試験も免除されます。

午後Ⅱ試験.jpg

2セキュリティに特化した
4年制学科ならではの制度

免除対象学科になるための条件として、専門学校は「高度専門士」付与の4年制学科であること、情報セキュリティの知識を専門的に修得するための学科であることなどが求められます(全国共通の条件)。ほかの2・3年制学科にはない制度です。

セキュリティに特化した.jpg

3神奈川県内で唯一。
全国で6校のみ

免除対象学科に認定されている学校は全国的にも少なく、神奈川県内では本校の情報セキュリティ学科が唯一となっています。なお、本校の情報セキュリティ学科は、2004年に開設されています。

神奈川県内で.jpg

国家資格・情報処理安全確保支援士試験とは?

IT系国家資格の中でも最難関の「レベル4」にあたる試験です。2017年の全国合格率は16.7%に留まっています。

ITスキル標準(ITSS)とは?

経済産業省が定めている指標。個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに明確化・体系化し、IT人材に求められるスキルやキャリアを示したものです。「レベル4」は、情報処理技術者試験で取得できる最高レベルになっています。

国家資格サポート