インターンシップ制度

インターンシップで就職力UP!

インターンシップとは?

インターンシップとは、学生が企業などで自分の専門分野や将来に関連する「仕事を経験する」制度です。本校では、技術力や社会人としての能力が高まるインターンシップを積極的に推進しています。学校では学びにくい現場での実践体験を通して、「就職力」が身につきます。

インターンシップのメリット

業界や企業を理解し、「就職」を意識できる

将来希望する業界、職種、企業などでインターンシップを実施します。だから、現場で聞く生の情報を得ることで、具体的な将来像が見え、就職への不安を解消することもできます。

学んだことを「実際に試す」チャンス

現場での経験で、自分の強みと弱みを発見できます。その後の専門学校生活や就職活動にあたっての「課題」が見えてきます。

採用試験でのアピールポイントになる

インターンシップでの経験は、就職の採用試験でのアピール材料になります。インターンシップでの実力が評価されて、そのまま企業に採用されることもあります。

インターンシップ先一覧

インターンシップ名

アビームコンサルティング(株)

内容・取り組み

マナー研修や、グループワーク形式で自社システムのオペレーションマニュアルの作成・プレゼンテーションを行い、社会人としての心構えや仕事の進め方についての実践的な力を養いました。

インターンシップ名

キッザニア東京

内容・取り組み

2〜3カ月にわたり企画・営業など事務を中心とした作業やこどもと接する運営スタッフを経験。

インターンシップ名

文部科学省

内容・取り組み

官公庁における実務経験。官公庁の文書作成作業や、企業の訪問などを実施。官公庁の業務を理解するだけでなく、仕事の進め方や文書作成能力などの社会人基礎力も養いました。

インターンシップ名

神奈川県体育センター

内容・取り組み

運動を促進するアプリケーションの開発を行いました。3033運動(1日30分、週3回、3ヶ月間継続して運動やスポーツを行い、運動やスポーツをくらしの一部として習慣化すること)を推進するために、運動不足度のチェックや運動の履歴がわかるアプリを制作しました。

インターンシップ名

神奈川県教育局指導部保健体育課

内容・取り組み

南関東総体2014神奈川県Webサイトを制作しました。授業で得た知識を実際の現場で活かす経験ができました。

インターンシップ名

横浜市役所 環境未来都市推進課

内容・取り組み

「未来都市ヨコハマ」のさまざまな取り組みを多くの人に知ってもらうための プロモーションビデオを作成。 完成した作品はさまざまな場所で開催されるイベントで横浜市のPRとして上映。

インターンシップ名

横浜市健康福祉局医療政策課

内容・取り組み

横浜市の医療に関する情報Webサイト「よこはまの医療」のリニューアルおよびコンテンツ(アニメーション)の制作をしました。横浜市の方と打ち合わせを重ね、イラストを見やすくて使いやすいWebにリニューアルしました。

インターンシップ名

神奈川県公衆浴場業生活衛生同業組合・横浜市浴場協同組合

内容・取り組み

神奈川県の銭湯活性化のためのイベント企画と運営。銭湯の記録映像やイラスト制作、パソコン講座開催などを実施しています。

インターンシップ名

(株)東電通・(社)情報通信エンジニアリング協会

内容・取り組み

10日間にわたって、情報・通信・建設工事業界の動向や情報通信ネットワークの動向、IP系ネットワークの基礎知識、光アクセスネットワークの基礎知識などを理解しました。また、光アクセスサービス工事での光ファイバ心線接続など施工作業に必要な技術も学びました。

【その他のインターンシップ実績】

  • ・プログラムのコーディング作業  旭エンジニアリング株式会社
  • ・プログラムのコーディング作業  FJイデアス
  • ・マニュアル、スクリプト作成  株式会社データホテル
  • ・システム開発  株式会社アークインターナショナル
  • ・神奈川県青色申告会連合会Web制作  神奈川県青色申告会連合会
  • ・神奈川県銘菓共励会Web制作  神奈川県銘菓共励会
  • ・神奈川県総合学科高校Web制作  神奈川県総合学科高等学校長協会
  • ・小田原市役所スクリーンセーバー制作  小田原市企画部情報システム課
  • ・お客様対応 ヨドバシカメラ・マルチメディア横浜
  • ・データ入力、画像加工など  NPO法人こどもネットミュージアム