M.Mさん(情報処理科 卒業生)

大切なのは、「いかに相手の要望を引き出すか。」プログラマは、人とのコミュニケーションが面白い!
卒業生インタビュー 情報処理科  高校のときからパソコンが好きでした。でも、当時は趣味程度にしか考えていなかったので、文系の大学へ進学。なんとなく過ごす大学生活の中で、何か違うと思ったんです。「やっぱり情報を勉強したい」、「このままでは就職が不安」という思いから大学を辞め、情報科学へ入学。もともと、人と接することが好きだったので、就職したらお客様と直接関わって仕事がしたいと思っていました。そんな時、学校で開催された企業セミナーで、OBの話を聞き、とても雰囲気が良さそうだったのでこんな会社で働きたいと思いました。

  無事内定をいただき、入社。現在の仕事は定期点検を中心にお客様のもとへ伺っています。できるトラブルであれば行くようにしていますが、お客様先で困った場合はすぐにセンパイに電話をして助けてもらえるので安心して働けます。嬉しいことは、やはりお客様に喜んでもらえること。コピー機は身近なものですが、実は使われていない便利な機能も多いので、用紙の削減方法などをご提案して「ありがとう」と言ってもらえる時が嬉しいです。

  今の目標は、最初から最後まで一人前に仕事ができるようになること。今はトラブルがあっても直せないこともあります。異音がしているのに、どこから出ているのか分からなかったことがあるのですが、悔しかったですね。スキルアップの研修などは充実しているので活用しながらどんどん成長できる人になりたいです。

(富士ゼロックス神奈川 http://www.fujixerox.co.jp/knx/