• M.Uさん Web技術科 県立茅ケ崎高校卒業(東京工芸大学自主退学)

将来の仕事を見据えて大学を自主退学。やりたい事を実現できる環境があった

大学時代は建築を専攻していましたが、将来の仕事を考えた時に違和感があり、自主退学しました。アルバイトをしながら本当にやりたい事を探し、情報科学の学校説明会へ参加。カリキュラムや就職率の高さ、自宅からの通いやすさを考え、情報科学への入学を決めました。年齢面で周りと馴染めるか、就職できるかなど不安に思っていましたが、実際は自分と同じような境遇の人も多く年の差を感じずに、同じ目標を持つ仲間と学べました。


インターンシップやコンテストに積極的に参加。実践的な技術が身に着いた

「自分でWebを作れるようになりたい!」と思っていましたが、入学前にプログラミング経験はなく、インターネットを見る程度。パソコンは全くの初心者でしたが、プログラミングやデザインの基礎から学べました。また、アビームコンサルティング(株)や横浜市のWebサイト作成のインターンシップをはじめ、学内コンテストなどを通して実践的な技術を身につけることができました。


就職難と言われるなかインターネット関連サービス最大手企業から内定

ニュースなどで「就職難」と言われていたので、本当に希望の就職が叶えられるのか不安な気持ちもありました。そのため、入学して半年は国家資格である「基本情報技術者試験」合格に向けて全力で頑張り無事合格。また、専門授業と並行して授業の中で就職活動対策が組み込まれていたので、万全の状態で就職活動の準備をすることもできました。また、放課後に個別に面接対策をしていただけたのも心強かったです。内定先は業界最大手の企業なので、Webサービスを通じてより多くの人の生活を便利で豊かにしていきたいと思っています。